2014年11月10日月曜日

毘沙門堂復興の様子3(10/4~11/4)

毘沙門ブログ、毘沙門堂復興へ向けての様子、第3回目です。
10月に入ってからは機械を使っての復旧作業が行われています。


H26.10.4
手水鉢周辺の様子。手作業で土砂を除けた後、ボランティアグループの方が高圧洗浄機を使って石にこびりついた泥の汚れをきれいに落としてくださいました。

 作業後、泥にまみれていた手水鉢も刻まれた文字がきれいに見えるようになりました。

H26.10.12
本堂の右奥にある福石、上に乗っているのは福石の奥にあった燈籠です。

本堂を新築した際に建てられた記念碑。

 
H26.10.16
県や安佐南区役所農林土木係の視察

H26.11.4
本堂前の様子、高圧洗浄機で洗浄した参拝通路の石畳がハッキリ見えています。

本堂の右奥、土砂に覆われていたあたりですが紅葉しています。

現在は手水鉢の屋根を撤去。新しく作り直しています。毘沙門堂の復興に向けて現在は総代長をはじめ関係者の方々が各方面に手を尽くしておられるようです。